森甚商店のぼり

伝統のちくわ

伝統の味「焼ちくわ」 日本海の味「浜坂ちくわ」

森甚商店は、明治初期、創業者である初代店主 森塚 久三郎から代々続く伝統店です。ちくわの素材、焼き方、製造工程にも独自のこだわりがあり、本当の美味しさを常日頃研究しています。

日本海に面している浜坂漁港では、生あごと呼ばれる「トビウオ」、甘みのある美味しい「鯛」、お酒にも良く合う良質な「鯵」など、日本海の新鮮な魚が大量に獲れます。そのため、森甚のちくわには新鮮な日本海の味がぎっしりと詰まっています。

現在は、全国蒲鉾品評会に於いて水産庁長官賞や大阪府知事賞を受賞するまでになり、日本海の味、伝統の「浜坂ちくわ」を多くの人に味わってもらうため、より一層の力を注いでいます。

お歳暮やお中元に、心のこもった山陰の味をお届け致します。

ちくわの製造方法
1. 原料調理
新鮮な魚を選び、魚の頭・内蔵を取り除いて水洗いします。
 
 
2. 採肉
採肉機にかけて骨や皮を取り除き魚肉だけを取り出します。
 
 
3. 水さらし
採り出した魚肉を水洗いして不要なもの(血液・皮下脂肪)を取り除きます。
 
 
4. 脱水
脱水機にかけて魚肉の水分を取り除きます。
 
 
5. ミンチ
ミートチョッパーで肉ひきします。
 
 
6. 練り
肉ひきしたミンチ肉に食塩・調味料などを加えて、昔ながらの工程の石臼仕込でよく練り上げます。
 
 
7. 成形
練り上げたすり身をちくわ成型機にかけ、パイプに巻き付けてちくわの形にします。
 
 
8. 座り(蒸し)
中まで火が通りやすく食感を良くする為、座りと呼ばれる蒸し工程を行います。
 
 
9. 加熱
座り後に熱を加えてじっくりと徐々に焼き上げます。
 
 
10. パイプ抜き
ちくわのパイプを機械で抜き取ります。この工程でちくわに穴が出来ます。
 
 
11. 冷却
焼き上げたちくわを直ぐに冷却機にかけてよく冷まします。
 
 
12. 包装
ちくわを自動包装機にかけて包装します。
 
 
13. 検品
包装後に金属検出機に通して製品の検品をします。
 
 
14. 完成
箱詰して製品を出荷します。
練り上げ 成形 焼き 包装
このページの先頭へ