森甚商店のぼり

森甚商店の歴史

社長 森塚 久志(もりつか ひさし)からのご挨拶 社長ご挨拶

弊社、「森甚」は兵庫県日本海側、鳥取県境がすぐそばの県最北西部に位置し、 山陰海岸国立公園内でも屈指の自然景観と良港である浜坂漁港、諸寄漁港のすぐ近くに立地しています。

明治初期より目の前に広がる日本海の前浜で獲れる、旬の新鮮な魚を使用して、 永年に渡り「名産浜坂ちくわ」を作り続けている、現在店主五代目の伝統店です。

「日本海を背に伝統の味作り」を念頭に素材を生かした正直な味、確かな味を常日頃探求してお客様に御提供し、 特に宅配便でお届けしている全国のリピーターのお得意様には、お土産、ご贈答用に大変喜ばれています。

今後とも伝統の「森甚」の味を末永くファンで頂きますよう、ご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

沿革/受賞歴
明治初期
創業者 初代店主 森塚 久三郎
明治初期より冬季に板付蒲鉾、夏季に魚加工、後に焼ちくわの製造を始める。
 
二代目店主就任
森塚甚市より屋号を「森甚」とする。
大正初期
三代目店主就任 森塚 七郎
鳥取県鳥取市内まで鉄道で行商して、市内販路の基礎を作る。
昭和48年
四代目店主就任 森塚 修
法人化「株式会社 森甚商店」設立。
鳥取県公設市場、岡山県北部に販路拡大。
平成14年
五代目店主就任 森塚 久志
兵庫県但馬地区公設市場、大手スーパー、姫路公設市場等に販路拡大。
 
【あご竹輪】
全国蒲鉾品評会に於いて水産庁長官賞 受賞。
平成19年
【鯛ちくわチーズ入り(ミニサイズ)】
全国蒲鉾品評会に於いて大阪府知事賞 受賞。
 
【焼ちくわ】
「浜坂ちくわ」商標登録取得。
平成20年
兵庫県名産推奨品として、太ちくわ全品目の認定を受ける。
平成20年
ジャパンシーフードショー(東京)
兵庫県特産品コーナー初出展。
平成22年
特産品の販売促進の為、イベント外販チームを結成。
但馬地区を中心に各イベントへ出店参加を始める。
同年、「たこ天 揚げ売り」を新発売して好評を得る。
平成23年
ABC朝日放送「ココイロ」で「あご竹輪」を紹介。
同年、とうふちくわの原料である「液状豆腐」を使ったスイーツをイベント出店中に発案、製品化に着手する。
また、地元日本海・浜坂(三尾)産の天然生ワカメを100%使用した「天然 生わかめちくわ」を新発売。
平成24年
新商品「とうふわらび餅」を発売開始。ちくわ屋プロデュースの新食感スイーツとして新聞、雑誌に掲載、
ラジオ関西の電話生放送に出演し商品紹介する。
同年、MBS毎日放送特番「関西味覚の秘境旅」」出演、「天然生わかめちくわ」を紹介。
平成25年
「とうふわらび餅」 商標登録を取得。
同年、「とうふわらび餅」姉妹品の抹茶入りを新発売。
東京有楽町・アンテナショップ「兵庫わくわく館」で、販売開始。
平成26年
「話題のスイーツ・とうふわらび餅」として、web情報「グノシー」「macaroni」等ネット上で紹介される。
全国町村会イベント「町イチ!村イチ」(東京国際フォーラム開催)の新温泉町ブースに初出店。
同年、神戸まつり「2014夢但馬」ブースに出店販売、ラジオ関西で紹介
関西テレビ朝の人気番組「よーいドン」に出演、サンTV「いちおしひょうご館」で、「浜坂ちくわ」を紹介。
平成27年
鳥取市南安長2丁目公設市場内に鳥取営業所を開設(TEL0857-22-6700)
平成29年
阪国際女子マラソン特産品販売コーナー新温泉町ブースに「浜坂ちくわ」・「たこ天揚げ売り」販売で、初出店。
工場 受賞、表彰状
このページの先頭へ